Move A Needle

一歩前へ 軽やかに 針を動かす

noteと時間術大全

note始めました。 今年の目標は アチコチでアウトプット(一応、頭韻踏んでます)。 noteはずっと読んだりフォローしたりでしたが、「記事も投稿しよう!」とムズムズ思い立ち、初めて投稿してしまいました。 1日はどうしたって、24時間。 仕事もあるし、研修…

右も左もわからない

右と左、瞬時に判断できません。 お箸を持つ方が右。じゃない方が左。 と、幼い頃から、頭の中で唱えて、左右確認をしていました。 左右盲というそうです。 日々の繰り返しで、だんだんと訓練?されて、自分の身体の左右感覚は、あまり問題ない感じになって…

全部抱きしめて

あちこちの記事でお伝えしているので、もう、耳タコかと思います。 でも、あえて、もう一度。 ブレネー・ブラウンさんは、「傷つくこころの力」The power of vulnerabilityを説明する時に、いかに傷つくこころー生々しくて感じやすい心の部分、感受性ーをemb…

波打ち際のボタン

「ちょっと前なら憶えちゃいるが、1年前だと、ちとわからねぇな」 という語りで始まる港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカって曲があります。 「昔の曲だとちと分からねぇな」と言われそうなやつを最初から持ってきてしまいましたが、 ここに出てくる「憶えてい…

人生の脚本

「人は皆、自分で書いた脚本通りに自分の人生を生きている」 この人生脚本という考え方は、カナダ出身の精神科医エリック・バーン氏が提唱した交流分析TAという心理学の中に出てきます。TAについては過去記事でもちょっと書きました。 長くて重い記事になっ…

ゴミ箱問題

ずいぶん久しぶりのブログです。 おさぼりマン全開でした。 今回は、「ゴミ箱どうしてますか?」という話。 余り深く考えたことはなかったのですが、 ゴミ箱みたいな、生活に密着したものを買う時って、 コスパの他に大体のポイントとして、自分なりに次の3…

シンクしてる?

娘は映像関係の仕事で、長いこと海外に住んでいる。 今のコロナ禍、行ったり来たりの海外渡航は難しい。 で、週に1、2回、電話で声を聞く。 たわいもない日常をお互い近況報告。 そうすると、かなりの打率で出てくるのが、「シンクしてるね」という言葉。 シ…

オウ(AWE)体験

オウ体験とは、壮大な大自然を前にして圧倒されるような体験をすること。 英語のawe「畏敬」からきていて、人は畏敬の念に打たれると、ものすごく脳が活性化するらしい。 自分の存在が「ちっぽけである」と感じ、悩んでいることがすーっと流れていったり、前…

なまと人工

「生」と書いて「なま」。「なま」に飢えていると感じる。 それは、恐らく、このコロナ禍での世の中の流れが関係していると思う。 「生もの」、「生放送」、「生配信」、「生々しい」「生の声」等々、最近、この「なま」感、ライブ感に妙に惹かれる。 「なま…

遊びをせんとは

遊びをせんとは生まれけむ 戯れせむとは生まれけん 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動(ゆる)がるれ これは「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」のなかの有名な歌。 梁塵秘抄は、平安時代末期、後白河法皇が編纂した、今様という当時の流行歌を集めた歌謡…

革命前夜

音楽の力というものを感じたことはありますか? あなたにとって、音楽とは? 今回はそんな話。 一期一会の音 それは突然流れ込んできた。 バッハのイタリア協奏曲。 台所で洗いものをしていた手を止め、水を止めた。 そんなつもりは無いのに、涙がどんどん溢…

繋がること 3種盛り

りょうたさん ハード系パン 山本電気のフードプロセッサー りょうたさん ファンになって、フォローしているブログ、りょうたの失語症を紹介します。 りょうたさんにはもちろん紹介の許可を頂きました。 目が覚めたら、病院のベッドの上。そして、失語症。そ…

マルチ・ポテンシャライト

今日は、マルチ・ポテンシャライトという本を紹介します。 著者は、エミリー・ワプニックさん。 訳は長澤あかねさん。以前読んだ「メンタルが強い人がやめた13の習慣」の訳者です。 一時期、翻訳にも興味があって、色々調べたことがあるのですが、 幅広くし…

アバタローさん

アバタローさん…ご存じの方は多いと思います。 アバタローさんは、人気の書評YouTuber。 某外資系会社の管理職をされているそうです。 遅ればせながら、私がその存在を知ったのは、昨年夏頃。 本要約チャンネルを検索していて偶然知りました。 確か最初は、…

断捨離その後

先日の記事のその後を報告します。 www.needle33.com 今はこんな感じで暮らしてます。 食卓テーブルは買ってません。 かなり前にDIYしてペイントしたもので、2階でパソコンテーブルとして使ってました。 今日1階におろしてきました。 見てわかる通り、天板…

クィーンズ・ギャンビット チェスと安全基地

先日の夜勤明け、沼にはまるように見てしまった、Netflixのドラマ、クイーンズ・ギャンビットThe Queen's Gambit について、感じたことを書こうと思います。 まず、主人公の瞳に引き込まれます。 アニャ・テイラー=ジョイさん。 映画「アメリ」を連想させる…

断捨離と執着

まずはご報告から。 前回のブログに書いた件ですが、無事にニードルのブログURLが認識されました。以前紹介したブレネー・ブラウンの本とカエルの絵表紙の本の写真も貼れました。 やはり、初心者マークの人間のやりがちな、初歩的なミス。 ドメイン会社とは…

脳に効くクルミのおやつ 

パソコンと向き合うと何故かグッタリしてしまう体質です。 電磁波のせい?ブルーライトが関係する?ただ単にパソコンの技術が無さすぎなだけ? なぜそんなに疲れるのか、理由はよく分かりません。 パソコンさんとお見合いしながら仕事した後は、いっつも、 …

家にまつわるちょっと不思議な話

自分の家は、大切な自分の身を置く、大切な空間ですね。 今回は、前回に引き続き、ちょっとだけ不思議な話。 20年以上ずっと賃貸住宅。 色々と住みましたが、個人的には一軒家、しかも、古い家が好みです。 で、今は、築42年の一軒家に住んでます。 この家に…

ちょっと不思議な話

大したことではないのですが、 色々と小さな偶然をみつけて、ちょっと不思議な感じにワクワクが合わさったような気持ちになることがよくあります。 ごく最近のこのブログがらみでは、 あるドラマのなかに、前回記事に書いた「はたらく細胞」のことがでてきて…

自分の機嫌をとってくれるもの まとめ

今回は機嫌シリーズ、最終。 過去記事はこちら needle33.hatenablog.com needle33.hatenablog.com needle33.hatenablog.com ニードルは、医療従事者。看護師をしています。 私が自分のセルフケアにこだわるのは、この職種が大きく関係していると思います。 …

自分の機嫌は自分でとる―世界は最高バージョンのあなたを必要としている

前回の続編―自分の機嫌シリーズ。 どれだけ、自分…自分大事なのか!という声もあるかもしれませんね。 そして、もしかしたら、自分のために時間やお金、エネルギーを費やすなんて、そんな事ワガママだと思うし、そんな事するのは気がひけるという方もいるか…

私の機嫌をとってくれるもの その2

自分の機嫌は自分でとる。私の機嫌をとってくれるもの。前回の続きです。 自分の中に「整いました!(ねづっちさんという芸人さんも決め言葉で使ってましたね)」という言葉が言えるような場面を積み重ねていって、ちょっと違う景色が見えてきたらいいなと思…

私の機嫌をとってくれる物 その1

自分の機嫌は自分でとる。読んでないけど、確かそんな本のタイトルもあったはず。 かっこよく言うとセルフケア、ずーっと私は、これを命題の一つしてきたように思います。 だって、自分の機嫌をとることを自分でやらずに人に丸なげしちゃったら、自分の人生…

完全初心者がブログを始めるまで

ニードルです。自己紹介でも書いた通り、ブログを始めるにあたって、かなり、苦労しました。 今回は、そのプロセスを書いてみます。 どうしようかと迷ったり悩んだりされている方の参考になるかどうかはわかりませんが、何か違うことに挑戦する時の、オタオ…

大人になったなと感じる時

こどもの中のおとなを感じる 「おとな」という言葉から、まず思ったことは、子どもの頃は「大人」だったなぁということ。 周りの人たちをじっと観察しながら、どうやったらこの場に相応しいことができるか?そんなことばかり考えていた小さな女の子が目に浮…

始めてのブログ 少し自己紹介

60代女性。人生100年時代と言われる世の中、自由にワクワクして生きていきたいと考えています。 物心ついた頃からアウトプットoutputは苦手。 苦手というより、その概念自体が全く頭の中には無い・・という感じだったかと思います。 でも段々と自分の感情と…