Move A Needle

一歩前へ 軽やかに 針を動かす

脳に効くクルミのおやつ 

パソコンと向き合うと何故かグッタリしてしまう体質です。

電磁波のせい?ブルーライトが関係する?ただ単にパソコンの技術が無さすぎなだけ?

なぜそんなに疲れるのか、理由はよく分かりません。

 

パソコンさんとお見合いしながら仕事した後は、いっつも、

「あ~ぁ、タマシイ抜き取られた!」

というのが、わたしのお決まりのセリフ。

 

それって、幕末とか明治維新のころ、初めて写真をとるときの日本人の怪しいセリフとおなじですね。

そんな言葉を近くで聞いたら、きっと、どなたでも、

ギョギョギョ!と引いてしまうか、

変なひとには関わるまいの体(テイ)でスルーするかのどっちかだろうと思われます。

 

常識あるおとなの私としては、ごく親しいひとの前以外では、声にだしません。

出しませんけど、脳内では大声でそのセリフを叫んでます。

 

 

この数日は、仕事の合間を縫って、パソコンと格闘。

 

お問い合わせページの作成とブログURLの登録という、きっと、パソコンさんと仲良しな方なら、チョチョイと分単位でやれちゃうレベルのことに、すごい時間を使ってしまいましたよ。

 

 

 

そして、パソコンさんにいろんなものが吸い取られたようなこんな 日は、何か食べるに限ります。

 

今日は、疲れた頭に効く簡単おやつの紹介。

 

まずは、クルミさん登場。

f:id:needle33:20210207222332j:image

見てのとおり、クルミさんは、人の脳に(正確に言うと、大脳皮質に)とてもよく似た形をしています。そして、形が似ているだけでなく、栄養豊かで、とても脳にいいのです。

クルミのキャラメリゼ。簡単ですが、美味。

メープルシロップを使います。ご存知の通り、カエデの樹液から作られるカナダの名産。

レシピは、色々とネットに紹介されてますので、参照してみてください。

ここでは、私好みの量と作り方を紹介します。

材料は、

  • クルミ100gに対しメープルシロップを大匙2杯くらい(甘めが好きな人は倍量で大丈夫)
  • 塩をほんの少々 

これだけです。

  1. クルミをフライパンで数分間から煎り(オーブンでローストしても可、焦がさないでね)
  2. クルミは別皿に移して、フライパンにシロップと少しのお塩をいれて煮立たせる
  3. クルミを投入
  4. 混ぜて絡めて、ツヤツヤのべっぴんさんになったら、クッキングペーパーの上に広げて冷まして完成

 

f:id:needle33:20210207222614j:plain
f:id:needle33:20210207222604j:plain
f:id:needle33:20210207222526j:plain
から煎り、煮立たせ、広げるの写真。クルミ投入の写真は撮り忘れました。

私は、クルミを広げた時に、ほんのちょっとだけ追い塩をパラパラすることもあります。甘じょっぱいのが好きな人は、やってみてください。。

コーヒーのお伴にすると、やめられない、止まらない!状態になります。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノールやオメガ3脂肪酸など、栄養価の高いクルミさんですが、くれぐれも食べ過ぎ注意!!

カロリーがかなりお高め。一日10個以内に留めといたほうがいいそうです。

誘惑に負けない、強い意志力のトレーニングにもなりそう…いいえ、そんなことは忘れて、この甘じょっぱさに人生の甘辛を重ねて、ゆっくり楽しんで味わうのもいいかもしれません。

ほんとに簡単で美味しいクルミのキャラメリゼ。パワーフードの殿堂入りです。

f:id:needle33:20210207222609j:plain

というわけで、たらふくクルミを食べたので、エネルギーチャージできました。

苦手意識を払拭するべく、これからもパソコンさんと向き合っていくつもりです。

ブログで数をこなしていけば、きっと、パソコンさんと絶妙な距離感でのコミュニケーションが疲れずにできるようになるはず。

スクリーンの向こうから「疲れるのはこっちだよ!もうちょっと使いこなしてよ!」という声が聞こえてきそうです。ハイ、精進します!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた!