Move A Needle

一歩前へ 軽やかに 針を動かす

私へ

もう1ヶ月以上、はてなブログの更新をオサボリ中。

なのに、このブログを覗いてくださっている方がいることに、感謝しかありません。

ありがとうございます。

 

ただ、今日は、自分のためだけに書こうと思います。

とはいえ、「これまでだって、自分中心でしょ!」という自分ツッコミをいれてしまいますが、

そんな中、さらに、今日はもう、自己マン120%でいきます。

 

私について

 

1958年、3月、緑深い山あいの家で産まれました。

当時、自宅でお産婆さんが赤ん坊を取り上げることが、珍しくなかった時代。

産道を通る時、臍の緒が首に巻きついていたらしく、紫色になっていて、産声をあげなかった私。

たまたま、近所に来ていた遠縁のお医者さんが、筋肉注射を何本か打ってくれて、

針が刺される度にかすかな声を出し、

その日の夕方から、やたら大きな声で泣いていた。

というのが、母から聞いた誕生日のストーリー

 

3月下旬になるというのに、雪が降り積もったというのは、アナザー・ストーリー

 

なので、私のリアルネームは、YUKIKOです。

 

私に還るワーク

 

この話は、ずーっと忘れていて、気にも留めていなかったけど、

 

数ヶ月前に、産まれた時の自分に会いにいくというワークがあって、

 

そこで「苦しかったねー、でも、生まれてきてくれてありがとう」と赤ん坊の自分に声をかけましたよ。

 

私が、幼い頃から、言葉を話すことにめちゃくちゃ苦手感を持っていたのは、

こんな所から来ていたのかも!とその時思いました。

 

そう、

まるで、ヘソの緒が今でも首に巻きついているかのように、

ふとした瞬間、

喉もとが、ギュッと締め付けられているような錯覚。

 

そう、まさに、自分の作り出した錯覚。

 

「そのマボロシみたいな過去を無意識に握りしめていたのかもしれないなぁ」

と気づいて、

「おーぉ…」と、憑き物がスーッと落ちていく感覚がありました。

そんな感覚の後でも、一気には身体の芯に落としこめず、

自分の思考が作り出したマボロシ〜

とわかっても、

ちょいちょい、「今、ここ」で生きることを忘れがちな自分でもあります。

 

そんな時は、まず、深呼吸。

そして、「ちゃんと産声をあげていいよ、声を出していいよ」と、

自分に声をかけると、スーッと魔法が解けていきます。

 

頭の中でそんな事をしているとは、誰も気付かないほど、

今となってはオシャベリだし、

よく先頭切って自分の意見も言ってます。

 

ちなみに、紹介したワークは、えりちゃん(栫絵理さん)の講座で受けましたよ。講座では、ならちん(奈良祥子さん)も温かくサポートしてくれます。

出会ってよかった!としみじみ思っています。

 

えりちゃんのことを紹介しているnoteの記事2つ、更新してから日にちが経ってますが、よかったら読んでみて下さいね。

すうじと星とわたし|ニードル|note

あなたの願いを叶えてくれる人|ニードル|note

 

私に贈る言葉

 

毎日が、初めての1日。

同じに見えて、同じ物は何一つない。

実は、初めてのことだらけ。

挑戦と練習、調整しながら、また挑戦。

苦手だけれど、向き合わないといけないテーマには、こうして、何度もトライ&エラー

でも、よくよく考えてみたら、エラーですらない

有り難い学びと経験だし、人生に実りをもたらす醍醐味だなぁ。

 

遊びをせんとはうまれけむ、戯れせむとはうまれけん」(梁塵秘抄)だよねー

 

日々を繰り返し繰り返し、遊んで、体験して、たくさん感じて、そこを超えて、広がって、この地球ライフを満喫したい

 

今、生を受けて60年余り。過去を振り返ると、全ての事を体験するために生まれてきたと、つくづく感じる今日この頃。

これからも、今度はそうきたか!と楽しもう。

これでいいのだ!

 

と改めて、このブログの場をかりて、自分に言葉を贈ります。

 

そして、決意表明ーMove A Needle

 

Noteにも書いたように、今、ホロスコープと数字のことを勉強中です。

看護師の仕事は好きですが、これからは、それと並行して、星読みもやっていきます。

最近よく耳にする、パラレルワークの働き方。どちらの仕事も大切な仕事。

それに向けて、準備中です。

 

私の苦手とする、細々した事を、一つずつやるしかないのです。

まさにーmove a needleーひと針ずつ動かして、前に進んでいってる感じ。

 

これまでは、1人でクーッと頑張ってという感じだったけど、もうやめます。

これからは、気持ちよく、人と繋がり、助けも借りながら、色々聞いて、見て、話して、取り入れて、発信していきたいと思います。

 

そして、数枚しか残っていない、昭和感漂う貴重なベビー時代の写真もシェアします。髪の毛、天パーです。

f:id:needle33:20210905140644j:image

 

この子を抱っこして、これからも、自分の針を動かそう。

全部抱きしめて、move a needle 針を動かそう。

英語のイディオムでは、aではなく、theを使って、「目立った変化を起こす」という意味になるけれど、あえてaを使っているのは、

「目立つ変化じゃなくてもいい、ほんの少しの変化でいいから、日々を積み重ねたい」という気持ちと、

「特定の針じゃなく、各々の、色々な針を少しずつ動かしたい」という気持ちを込めてます。

止まってしまっている心の時間の針だったり、

針仕事のように手を動かし創造するための針だったり、

人生の指針行き先を示す方位磁石の針だったり、

心に刺さったままの針だったり、

たくさんの針がある。イロイロ、まさに、色とりどり。

 

以前書いた全部抱きしめての記事には、エドシーランさんのフォトグラフの動画(皆さんとっくに観たことあるかもしれないけど、改めて、この動画、ホントにオススメ)も紹介していて、この子の写真とも繋がってる感じです。

良かったら、こちらもどうぞ。

 

www.needle33.com

 

 

さあ、少しの間、目を閉じて、赤ん坊の時の自分に会いに行ってみませんか?

あなたなら、どんな言葉をかけたいですか?

 

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました!