Move A Needle

一歩前へ 軽やかに 針を動かす

背中の話

「親の背をみて子は育つ」

という言葉がありますが、まさに、背中からはその人の歴史が感じられます。

 

「背中の声」という詩、

明日は日勤だし、さぁ寝ようかなという時間に

サワサワと胸の奥から、言葉が出てきました。

詩とか照れますが、シェアすることにします。

 

「背中の声」

 

そっと、あなたの背中に手を当てると

 

手のひらを通して

背中の声が聞こえてくる

 

あなたのあの日の頑張りが

乗り越えてきた日々が

人知れず流した涙が

背負った重みが

手のひらから伝わってくる

 

あなたの背中は

いろんなものを背負ってきたよね

 

嬉しい日々も

お日様のような笑い顔も

仲間達との語らいも

大切な人達への愛おしさも

たくさん詰まっている

 

あなたが生きてきた全てを

黙って受け止めてきたあなたの背中

 

せめて、そっと、私の手を当てさせて

 

あなたといっしょに背中の声をきかせてね

 

 

いやぁー、きっと、ずっと、こういう事を、私は、言いたかった気がします。

 

看護師あるある、です。

 

あー、やっと、言えましたね、わたし。

 

今の、こんな時代だからこそ、大切なもの、触れ合いの力や手当ての力を残したいなぁと感じています。

今日は、もうこれで、記事としてあげちゃいます。youこれアップしちゃいなよと、頭の中の誰かに、背中を押されちゃいましたので。

 

で、もう、寝ます。

 

いつも、読んで頂き、ありがとうございます。

f:id:needle33:20211206230703j:image

写真はラクダの背中みたいな山の写真です。